車買取

車買取店だって、商売ですから・・・

なるべく安く買い取りたいのが、ホンネでしょう。
お客さんから買い取った金額と、その後の売却金額の差額が、利益になるのですから・・・
少しでも安く買い取れば、その分・・・利益が増えるのは当然で・・・
車買取店からしてみれば、お客さんとの商談は、
どれだけ安く買い取るか?
が、勝負になる訳で・・・
少しでも高く買って欲しいのが当然な、
お客さん側から見れば、対局にあるのです。
この説明を読んで・・・
「当たり前の事を言っているだけじゃん」
と、思った方も少なくないのではないでしょうか?
その通り! 
なのですが・・・
商談をしているうちに、この事を忘れてしまう人が、少なくないのです。
分かっていたハズなのに・・・
商談をしていると、いつのまにか、この重要な事を忘れてしまうのです。
繰り返し言います!
車買取店側から見れば、少しでも安く買い取る商談をしているだけなのです。
絶対に、忘れないようにして下さいね。

車買取店のシステムは?

自動車買取店は、どうやって買い取り額の査定をしているのか?
大まかな、買取店のシステムを紹介すると・・・
査定をする場合、
まず、最初に、レポートのような・・・
車のデーターや、状態を書き込む用紙を持って、
その用紙に書き込まれている、項目にしたがって・・・
車をチェックしていきます。
外装の状態、内装の状態・・・
さらに、事故車かどうか?を確認し・・・
次に・・・
車検証と整備記録簿を確認し・・・年式、走行距離、を書き込み・・・
そして、その書き込んだ用紙を・・・
本部にFAXし・・・
本部から査定額の指示を待つ・・・のです。
(本部とやりとりしないで、査定額を提示して来る場合もありますが・・・
本部からの指導は、あくまでも上記のような段取りをするように指示されています)
査定を受けたことがある人なら、思い当たる事がないでしょうか?
査定をしたスタッフが、車のチェックを終えて、すぐに本題に入らず・・・
世間話などをして、しばらく経ってから、一度、席を外して・・・
そして、戻って来てから、金額の話をしてきませんでしたか?
自宅に査定に来てもらった場合でも、何度もスタッフが自分の車に戻ったり
車の中でノートパソコンを操作していたり・・・
車からFAXしたり、メールを送ったり・・・
そんな行動をしていませんでしたか?
それは、本部にデーターを送っていたのです。

どの様な査定額の指示が来るのか?

本部に、査定額を出すためのデーターを送った後・・・
査定をしたスタッフに、本部から、どんな指示が来るのでしょうか?
それは・・・
「その車は、○○万円から○○万円の間で、買い取りなさい」
と、いう指示が来るのです。
自動車買取店の本部は、かなりのデーターを持っていて、
また、業者のオークション会場に常に出入りし、値段を知り尽くしている・・・
プロ中のプロもいます。
常に流動する、中古車の相場ですから、査定額を間違えてしまうと
それは、損益を出す事にもなりかねません。
かなり確かな査定額を、スタッフに指示しています。
このことは・・・
買取相場を、全く知らないスタッフでも、
お客さんと、商談できる・・・システムでもある側面があります。
普通の自動車販売店なら、かなりの経験を積まないと出来ない仕事を
ほとんど素人の人間でも
(チェックシートの通りにチェックさえすれば)
出来るようなシステムを作り上げているのです。
しかし・・・
この事が・・・
後に、「だまされた」
と、言う・・・お客さんが出てくる原因になってしまっているのです。